こっくりこっくりしていて、気になったオノマトペ

明らかに、最近ブログの記事を書き始めようとすると思わず眠くなるのである。書こうとすることなどつい最近ではありすぎるほどあったのに、今やそのことを考えるだけでも眠たくなっている。この文もこっくりこっくりし始めているからどんな文章になるのかわからない。
そういえば、日本語にはこっくりこっくりという眠そうな人を表現する言葉があるが、このこっくりというのはよくできた言葉で他に思いつかないな。
こういう言葉をオノマトペというが、もうちょっと固く言うと擬声語になる。
このオノマトペは、共通して絶対わかる言葉からなんとなくわかる言葉がある。前者はこの居眠りの状態とか赤ちゃんのヨチヨチとか…
後者は…まあこれがというものは思いつかないけど、たくさんあったような気がする。
分かりやすいけど、程度を表す言葉であれば微妙に区別がついているのか?と疑問になるものもあるね。
例えば、雨のシトシトというのはどのくらいをさすのかなとか・・・http://www.goteborghorseshow.co/cathing-hikaku.html