2月の季節を通過すれば春が感じられるだろうか

2月の祝日は建国記念日、中国地方とか関西方面では雪が結構な量、冬のピークと感じるような雪景色です。関東でも一部では祝日前に降りましたが、量としては10センチ台、この季節を考えてみれば寒かったり山間部の雪が積もった時期でした。最近の気象は暖かい傾向でもあったので、2月は暖かいなという感じがしていましたが、こういう寒さと雪は冬の標準ですね。1月は平野部でも山間部みたいな寒中気温でしたから、2月は暖かいのがいいという気持ちでした。冬も温暖ならばいいというのは人間的な思考で、自然にしてみれば冬に寒いのが四季のいいバランスですね。2月に標準の寒さならば今年の天気はまずまずだろうと思う、この季節を通過するから桜が咲いて、軽やかな気分でお散歩もできるというもの。気質からすると寒いのは苦手、出かけるならば電車内の温度で丁度いいという薄着が好みですが、春から秋のいい安定感シーズンと思えば冬あればこそですね。各地の雪がひと段落すれば春景色も見える時期、今年の雪どけはゆっくりかな。